エックスサーバーのデータ・ドメインの安全な削除方法と凍結解除

エックスサーバーがアクセス凍結された場合、一度アカウント内のドメイン全データを削除しなければなりません。

安全に削除する方法をわかりやすく解説していきます。
また凍結解除までの注意点も整理しました。

凍結時にエックスサーバーの全データを削除する理由とは?

エックスサーバーのアカウントが
アクセス凍結されてしまった場合、

エックスサーバー側からの指示どおり、
全データを一度削除してから、凍結解除申請を
しなければなりません。

なぜ全データを削除する必要があるのでしょうか?

理由は、どこに不正なファイルが含まれているかわかりませんし、
エックスサーバー側でもあなたのデータファイルを勝手に
削除することはできないからです。

そのため、あなた自身の手で、
バックアップした後、アカウント内の全データを
削除してくださいと指示がきているんですね。

エックスサーバーの全データファイルを削除する方法と手順

では早速、エックスサーバーの
サーバーアカウント内の全データを削除していきましょう。

バックアップが確実に取れていることを確認


重要なので繰り返しますが、

まずはバックアップデータが確実に保存できているか
確認しましょう。

削除してしまった後に後悔しても
もう手遅れですから重々確認してください。

バックアップ手順はこちらの記事で解説しています。
エックスサーバーデータとMySQLのバックアップ方法と手順

エックスサーバーの「サーバーパネル」にログイン


では、例によって、
サーバーパネルにログインしましょう。

「ドメイン設定」をクリック


エックスサーバードメイン削除_画像_01

「ドメイン」配下の「ドメイン設定」をクリックします。

すると、ドメインの一覧が表示されます。

初期ドメイン以外のドメインの「削除」を全てクリック


エックスサーバードメイン削除_画像_02

ドメイン一覧の右横にある
「削除」をクリックしていきます。

エックスサーバードメイン削除_画像_03

「削除」をクリックすると、
このような画面になるので、確定をクリックして
ひとつずつ順番に削除していきましょう。

クリックするのは「初期化」の方ではないので注意。

初期ドメイン以外を削除すると、
次のような画面になります。

エックスサーバードメイン削除_画像_04

初期ドメインは「削除」がないので、
エックスサーバーにFTP接続して削除していきます。

FTPを起動・接続し初期ドメインを削除


エックスサーバードメイン削除_画像_05-2

FTPを起動したらエックスサーバーに接続します。

初期ドメイン等のフォルダがあるので、
それを全て選択して削除しましょう。

初期ドメインのフォルダ内が空のlogフォルダだけになれば全データ削除完了


すべて削除すると、下図のように
初期ドメインの空フォルダだけ残ります。
エックスサーバードメイン削除_画像_06-2

これでサーバーアカウント内の全データが削除完了しました。

全データ削除したらアクセス凍結解除申請をしよう

サーバーアカウント内がスッキリしたら
エックスサーバーにアクセス凍結の解除申請をしましょう。

申請しても、サーバーアカウント内に
一部でもデータが残っていると凍結解除されないので
確実に削除できているか確認してくださいね。

また、凍結解除メールが来る前に
再度ドメイン追加設定をしたり
データをアップロードしたりしても
同様に解除されません。

解除申請メールを送信したら
エックスサーバー側から回答が来るまで
しばらく待ちましょう。

僕の場合は当日中に解除の回答がきました。
遅くとも翌日には連絡が来るようです。

凍結解除されたら、再度ブログを構築していきます。
ドメイン追加やデータアップロードについては、
こちらの記事で詳しく解説しているので見てみてください^^

2014年11月24日 エックスサーバーのデータ・ドメインの安全な削除方法と凍結解除 はコメントを受け付けていません。 エックスサーバー凍結対策